とんがり帽子のアトリエのあらすじやネタバレを紹介

マンガ

とんがり帽子のアトリエは講談社の月刊モーニングtwoで2016年から連載されている作品で、累計発行部数は250万部と突破している人気漫画になります。

とんがり帽子のアトリエは魔法が存在する世界で魔法が使える人と魔法が使えない人に分かれています。実際には特殊なインクで法則に従った魔法陣を描くことで誰でも魔法を使うことができます。

とんがり帽子のアトリエのネタバレとして、とんがり帽子のアトリエの世界は、この特殊なインクを使用することで魔法を使えるというのを知っている層と知らない層に分かれています。

特殊なインクと法則に従った魔法陣を描ける人を魔法使い、それ以外は知らざるモノすなわち普通の人として扱われます。

とんがり帽子のアトリエのあらすじとしては、最初主人公のココは知らざる者だったのですが、魔法使いが魔法を使う様子を盗み見したこと、特殊なインクは昔祭りで購入したことに気づき、興味本位で絵本の魔法陣を書いてしまいます。

実はこの魔方陣が禁術で描いた魔法陣が発動してココの家は母親ごと石化してしまいます。

この石化を解除するために、魔法の絵本の複製を所蔵する図書の塔に入ることが目標になります。

とんがり帽子のアトリエ (1)

とんがり帽子のアトリエ (1)

とんがり帽子のアトリエのwikiの説明はあっさりしている

とんがり帽子のアトリエのWikipediaを見てみると最序盤のことしか書かれていません。基本的にネタバレ要素になるような物語の革新部分ではなく、序盤の登場人物の立ち位置などが書かれているだけです。

そのため、とんがり帽子のアトリエのWikipediaはおそらくですが、出版社が講談社なので、講談社から出版する作品をWikipediaに掲載しているという印象です。

Wikipediaそのものが、編集するのは自由なのですがWikipedia以外での公式サイトなどを引用したりして、信ぴょう性を確かめます。そのため講談社などの公式サイトからを貼ると結構簡単にWikipediaが作れます。

逆にいうと信用のおける外部サイトがないとWikipediaでは編集することができないです。なのでWikipediaがある程度信頼のおけるサイトである証拠にもなるのですが、そのためかWikipediaにとりあえず掲載シておこうとするとこのように簡潔な内容になります。

おそらくとんがり帽子のアトリエのWikipediaは有志による編集ではなく、講談社による編集なのかなと思います。

とんがり帽子のアトリエ(9) (モーニング KC) [ 白浜 鴎 ]

とんがり帽子のアトリエの二次創作はtwitterで流行中

とんがり帽子のアトリエはマンガの内容よりも画力がすばらしいことで有名な作品になります。Twitterなどでもその絵柄に魅せられて、様々な二次創作の絵が書かれています。

とんがり帽子のアトリエでは新刊が発売された時や新しい話が掲載された時などに、盛り上がりをみせて様々な絵が多数の絵師さんによって公開されます。

とんがり帽子のアトリエの世界観というか背景もかなり美麗で登場人物なども感情移入しやすい絵柄なので、そういった意味ではかなりツイッター上では物語の内容よりも絵の話のほうが盛り上がる傾向にあるようです。

とんがり帽子のアトリエがつまらないと言われる原因とは?

とんがり帽子のアトリエはよくネットでつまらないと酷評を受けることもあります。これは物語の内容が超王道路線ということと、どちらかと言えば美麗な絵柄で話題が多くなるためかなと思います。

とんがり帽子のアトリエは魔法が存在する世界で、その世界観や物語などもかなり王道のファンタジーものですが、魔法使いとして成長していくという過程を描く話の展開もかなり王道路線になります。

そのため、物語に意外性が少ないというのが欠点でこのあたりがつまらないと酷評される原因なのかなと思います。

ただとんがり帽子のアトリエならではの、王道路線だからこと安心して読めるというのもあり、このあたりは個人の好き嫌いによるものかなと思います。

ただとんがり帽子のアトリエでは魔法が存在するファンタジー世界ではありますが、魔法で戦闘みたいな描写は殆どありません。どちらかと言えば魔法使いとして一人前になる過程を描くヒューマンドラマに近いからです。

昨今の小説家になろうなどで代表される剣と魔法のファンタジー世界の流行もあり、魔法の存在する正解でバトル展開はほとんど存在しないというのが一部の界隈からとんがり帽子のアトリエはつまらないと酷評される原因でもあるのかもしれないです。

とんがり帽子のアトリエ(7) (モーニング KC) [ 白浜 鴎 ]

とんがり帽子のアトリエの電子コミックはシーモア以外でも読める

とんがり帽子のアトリエはコミックシーモア以外でもまんが王国でもピッコマでもブックライブでも、ピクシブでもLINEマンガでも、読むことができます。

ただ基本的に有料で無料でとんがり帽子のアトリエのアトリエを読めるサイトとのはほとんどないです。ただモーンングKCの公式サイトで第一話を無料で読むことは可能です。

ちなみにU-NEXTならとんがり帽子のアトリエのマンガを毎月の無料ポイント使用で実質無料で読むことは可能です。

またとんがり帽子のアトリエの特装版や、限定版なども読むことが可能なので色々とお得でもあります。

U-NEXTはこちら↓


アニメ観るなら<U-NEXT>

アニメ作品がたくさんあるサブスク動画サイトの紹介してます。

こちらをクリック

タイトルとURLをコピーしました