難攻不落の魔王城は小説家なろうでもカクヨムでも連載中

マンガ

難攻不落の魔王城へようこそ〜デバフは不要と勇者パーティーを追い出された黒魔導士、魔王軍の最高幹部に迎えられる〜は小説家になろうで2019年5月7日に第一話が投稿され、現在も定期的に逃走されている作品になります。

ただその投稿ペースは、作者の御鷹穂積さんは難攻不落の魔王城以外にも書籍化されている作品が多いのでそちらとの兼ね合わせもあり、そこまで多くないです。

作者の御鷹穂積の他の作品は難攻不落の魔王城へようこそ〜デバフは不要と勇者パーティーを追い出された黒魔導士、魔王軍の最高幹部に迎えられる〜以外にも、幾億もの剣戟が黎明を告げるや、元英雄で、今はヒモなどがあります。

また、難攻不落の魔王城へようこそ〜デバフは不要と勇者パーティーを追い出された黒魔導士、魔王軍の最高幹部に迎えられる〜はカクヨムでも読むことができます。時期的には小説家になろうに投稿してカクヨムに再掲載している形です。

最近では、PV数などが小説家になろうよりも、カクヨムのほうが上回っているそうで、小説家になろうにも、カクヨムにも投稿する作者さんも増えてきています。

難攻不落の魔王城へようこそ 〜デバフは不要と勇者パーティーを追い出された黒魔導士、魔王軍の最高幹部に迎えられる〜

難攻不落の魔王城の打ち切りの噂の理由

難攻不落の魔王城へようこそ〜デバフは不要と勇者パーティーを追い出された黒魔導士、魔王軍の最高幹部に迎えられる〜は定期的に更新されているのですが、ある時期から更新頻度が落ちています。

そのため難攻不落の魔王城へようこそ〜デバフは不要と勇者パーティーを追い出された黒魔導士、魔王軍の最高幹部に迎えられる〜は作者さんが他の作品の書籍化やコミカライズ化などで、難攻不落の魔王城は打ち切りにしたのではという噂が流れたのが理由になります。

実際難攻不落の魔王城へようこそ〜デバフは不要と勇者パーティーを追い出された黒魔導士、魔王軍の最高幹部に迎えられる〜は最終決戦ですし、この最終章が終了したら終了でもおかしくない雰囲気でかかれています。

もともと難攻不落の魔王城へようこそ〜デバフは不要と勇者パーティーを追い出された黒魔導士、魔王軍の最高幹部に迎えられる〜のあらすじとしては、迷宮攻略を動画配信して資金を稼ぐという娯楽の世界になります。

そこで黒魔道士そのものが、デバフ要因なので動画映えしないという理由で人気第一位になれないから追放したというものになります。そのため黒魔道士のレメそのものは非常に能力値が高いです。

また勇者と幼なじみで勇者も火の精霊と契約を交わしていてトップクラスに強いのですが、黒魔道士も最強の魔王の弟子になって黒魔法やら魔族の力の源を継承していて、お互い尊重や尊敬しあっている仲です。

また勇者パーティーは黒魔道士そのものが動画映えしないことと、魔王の弟子というのを知らなかったので、第一位になるにはもっと視聴者にわかりやすい加護を持ったものが良いという判断になります。

これらのことから、性格に問題があるとかでの追放ではなく、あくまでエンタメ化したダンジョン攻略において黒魔道士の効果が地味すぎて視聴者に伝わらないというのが追放理由になります。

そのため話の流れとしては、動画映えしないけど能力値そのものは勇者と同じくらいの黒魔道士に目をつけていた魔王軍により参謀という地位を与えられ活躍していくという内容になります。

ちなみに難攻不落の魔王城へようこそ〜デバフは不要と勇者パーティーを追い出された黒魔導士、魔王軍の最高幹部に迎えられる〜は最初第一章で終了する予定だったらしく、参謀に迎えられた黒魔道士と火の勇者の一騎打ちで終了します。

その後は徐々に黒魔道士の有用性や動画映え以外の人間性の高さから徐々に認知されていくという話になります。成り上がりものっぽい感じでもありますが、不遇職と言われた黒魔道士が徐々に民衆に認知され認識を改めていくのは小説家になろうの追放モノとしては結構珍しい部類だと思います。

難攻不落の魔王城へようこそ〜デバフは不要と勇者パーティーを追い出された黒魔導士、魔王軍の最高幹部に迎えられる〜 1巻

難攻不落の魔王城の書籍は打ち切りなのか?

難攻不落の魔王城へようこそ〜デバフは不要と勇者パーティーを追い出された黒魔導士、魔王軍の最高幹部に迎えられる〜の書籍は2019年11月11日に第一巻が発売されています。

その後難攻不落の魔王城の第二巻は2020年2月14日に発売されて以降発売されいません。これも難攻不落の魔王城が打ち切りになった理由ではないかと言われています。

難攻不落の魔王城へようこそ〜デバフは不要と勇者パーティーを追い出された黒魔導士、魔王軍の最高幹部に迎えられる〜の書籍はGAノベルから出版されています。

また累計発行部数が出ていなかったり、Wikipediaなどがなかったりするのでもしかしたら、難攻不落の魔王城の書籍は2巻以降は発売しない可能性もあります。

最近の書籍化は発行部数が伸びたら続巻というのが主流なので打ち切りの可能性も確かにあるのですが、コミカライズ化されていて漫画は発売し続けているので、漫画がこれからも売れてアニメ化までいくなら嫌でも続巻が発売されると思います。

そのため現在考えられることとしては、複数の書籍化やコミカライズ化で手が回っていないだけの可能性もあるので気長に続巻を待つのが良いのかなと思います。

難攻不落の魔王城のコミックを無料で読むには?

難攻不落の魔王城へようこそ〜デバフは不要と勇者パーティーを追い出された黒魔導士、魔王軍の最高幹部に迎えられる〜は2020年8月6日にコミカライズ第一巻が発売されています。

難攻不落の魔王城へようこそ〜デバフは不要と勇者パーティーを追い出された黒魔導士、魔王軍の最高幹部に迎えられる〜の掲載誌はガンガンコミックスUP!で出版社がスクウェア・エニックスなので、スマホアプリのガンガンオンラインで無料で読むことができます。

ガンガンオンラインはWEBでも見ることができるのですが、公開範囲に制限がかかっています。ですがスマホアプリのガンガンオンラインなら無料ポイントを使用して全話無料で読むことが可能になっています。

ちなみに、スマホアプリのガンガンオンラインはスマホで読むとコマの拡大機能がないので、できればタブレットで読むと比較的ストレスなく読むことができます。

難攻不落の魔王城へようこそ〜デバフは不要と勇者パーティーを追い出された黒魔導士、魔王軍の最高幹部に迎えられる〜 5巻

難攻不落の魔王城へようこそ〜デバフは不要と勇者パーティーを追い出された黒魔導士、魔王軍の最高幹部に迎えられる〜 5巻

難攻不落の魔王城はアニメ化されるのか?

難攻不落の魔王城へようこそ〜デバフは不要と勇者パーティーを追い出された黒魔導士、魔王軍の最高幹部に迎えられる〜はスクウェア・エニックスが出版元なのである程度人気の場合アニメ化される可能性があります。

またYou TubeのGA文庫チャンネルなどでは販促目的でのCMがあったりします。

ですが難攻不落の魔王城へようこそ〜デバフは不要と勇者パーティーを追い出された黒魔導士、魔王軍の最高幹部に迎えられる〜のアニメ化は非常に厳しいと思います。

確かに通常の追放モノと違いどちらかが落ちぶれるわけでもなく、お互いに尊重しあい高みに登っていく感じとか、追放された時は嘲笑の的だったのが、色んな人に認められ徐々に英雄っぽい扱いになったりとか非常に面白い要素は満載です。

ですが、書籍の続巻の問題と作者さんの更新頻度による位置付けからどうしてもアニメ化になるまでの人気作なのかというと微妙に落ちるのかなと思います。

個人的にはこういった設定は珍しく話の構成も非常に優れているので好きですが、アニメ化するとしたら作者さんの累計発行部数が多い人気作からアニメ化されていくと想うので、もしアニメ化するとしてもかなり後になるのかなと思います。

タイトルとURLをコピーしました