転生してハイエルフになりましたがはスローライフ系なろう作品

マンガ

転生してハイエルフになりましたが、スローライフは120年で飽きましたは、小説家になろうにて2020年10月13日に初投稿され現在も更新されている作品になります。

転生してハイエルフになりましたが、スローライフは120年で飽きましたは書籍化、コミカライズ化もされており、書籍は2021年4月13日に第一巻が、マンガは、2022年1月8日に第一巻が発売されています。

転生してハイエルフになりましたが、スローライフは120年で飽きましたは、スローライフが飽きたハイエルフが世界を旅してくのですが、物語の展開としては、ゆっくりと世界を旅してくので、ある意味スローライフになります。

転生してハイエルフになりましたが、スローライフは120年で飽きましたでのハイエルフは1000年の寿命を誇り、他の種族は50年から300年くらいの寿命なので、ハイエルフの主人公エイサーが、様々な土地をめぐり出会いと別れを繰り返します。

転生してハイエルフになりましたが、スローライフは120年で飽きました 1

転生してハイエルフになりましたが、スローライフは120年で飽きました 1

ハイエルフのエイサー120年でスローライフを故郷から旅に変更する

転生してハイエルフになりましたが、スローライフは120年で飽きましたの主人公であるエイサーが故郷の深い森のスローライフの代わり映えしない生活に120年で飽きてしまい、世界を知るために旅立つのが冒頭になります。

転生してハイエルフになりましたが、スローライフは120年で飽きましたの主人公エイサーは実は転生者という設定で、このハイエルフの生活も求めていたスローライフだけど、転生前の生活も知っているため、刺激が少ないこの生活に不満を持っています。

そのため、森でのスローライフに飽きてしまい、刺激を求めて世界を見る決心をします。

そのため転生してハイエルフになりましたが、スローライフは120年で飽きましたはタイトル的に、スローライフが飽きて刺激的な生活をするのかなというイメージがありますが、実際には世界を旅していろんな文化や出会いと別れを繰り返していく話になります。

昔世界の車窓からという番組がありましたが、あんな感じで物語が進みます。そのため、ファンタジーのバトルものにあるような起伏があるわけではなく、淡々とストーリーが進んでいきます。

そのため転生してハイエルフになりましたが、スローライフは120年で飽きましたは、正しくスローライフものの王道と言えるような作品だと思います。

ちなみに転生してハイエルフになりましたが、スローライフは120年で飽きましたでのハイエルフの立ち位置は寿命1000年を誇り、創造主に直接作られた存在であり、寿命を終えると精霊になるという種族になります。

その他の種族は、創造主が作った神々から創造主を真似て作った種族になります。そのためハイエルフとその他の種族には隔絶たる力の差があります。

転生してハイエルフになりましたが、スローライフは120年で飽きましたのハイエルフそのものは、最強クラスに修行した人間などにも敗北する可能性のある種族ですが、ハイエルフには精霊の姿をみたり、声を聞いたり、頼み事をする力があります。

そのため個人の実力で負けていても、対局で敗北することはないです。剣と魔法の世界に核弾頭を持ち込んで戦うようなもので、精霊に頼んでなくても害意のあるものは教えてくれますし、精霊に頼んで地形を変えたりもできます。

そんな力を持っていますが、その力で戦う場面は殆どなく、同族のエルフを救う為に使用したりと、自分以外の為に使用します。

転生してハイエルフになりましたが、スローライフは120年で飽きました(4) (アース・スターノベル) [ らる鳥 ]

ハイエルフのエイサーが選んだ職業は鍛冶師

転生してハイエルフになりましたが、スローライフは120年で飽きましたでハイエルフの主人公エイサーが最初に選んだ職業は、冒険者ではなく鍛冶師になります。

転生してハイエルフになりましたが、スローライフは120年で飽きましたでのエルフとドワーフの関係は種族的に仲が悪いという設定になっています。そのため、ドワーフに鍛冶師として弟子入りしようとしますが、周りからは変わり者と思われます。

ただ、これは鍛冶師としての仕事で鉄を使うのが森に嫌われるという、間違った認識からくる誤解のためで、しかもハイエルフのエイサーは変わり者なのでそういった事お構いなしに弟子入りします。

また鍛冶師のアズヴァルドも変わり者のハイエルフを気に入り、弟子入りを認めます。

そうして最初の街ヴィストコートで10年間鍛冶師として研鑽をして鍛冶師として一人前になり、上級鍛冶師という免状を取得します。

この後の旅でも基本的に鍛冶師の鍛冶師組合から、日雇いのような感じで仕事をして金銭を稼ぎます。最初の街で培った鍛冶師という技術が生活に密着している感じです。

転生してハイエルフになりましたが、スローライフは120年で飽きました(3) (アース・スターノベル) [ らる鳥 ]

転生してハイエルフの最初のヒロインカエハとは

転生してハイエルフになりましたが、スローライフは120年で飽きましたでは、最初の街ヴィストコートを旅立ったあとに、その国の王都にいきます。

そこで剣術修行でもしようと王都を探索しているのですが、そこで3大流派のルードリア王国式剣術、ロードラン大剣術、グレンド流剣術を見て回りますが、どうも自分と合っていないようでしっくり来ません。

そして先日大道芸を見ていた時に素晴らしい剣技を披露していた剣術が気になり、その人を探します。これがヒロインのカエハとの出会いになります。

転生してハイエルフになりましたが、スローライフは120年で飽きましたでの、ヒロインカエハはヨソギ流と呼ばれる、今は没落してしまった剣術の流派です。

少し前までは王国では4代流派と呼ばれていたのですが、剣術の大会で投手が死亡してしまい、その後敵討ちに行ってしまった高弟たちが、全員返り討ちにあうという惨状になってしまい、門下生がいなくなり途絶えてしまいます。

転生してハイエルフになりましたが、スローライフは120年で飽きましたのカエハはこのヨソギ流の当主の子供で幼い頃からヨソギ流を学んでいました。

ただ門下生がいなくなった現在では大道芸人に見をやつして母親と一緒に生活をしています。そしてハイエルフのエイサーはヨソギ流の剣術ではなく、カエハの剣術に見惚れたので指導してほしいとして弟子になります。

そこから普通の小説家になろうだと、一緒に剣術を学んだりするのですが、カエハの弱点を知り、冒険者として色々と不足している経験を補う為に、母親とエイサーと王都に残して冒険者になります。

その後3年間カエハは冒険者として現状最強の冒険者がいる、ヴィストコートへ旅立ち、その間カエハの母親とエイサーだけで鍛冶をしながら王都の品評会に出店したり、鍛冶の仕事を請け負って暮らします。ちなみに道場はエイサーのこれまでの資金で立て直し、その中に鍛冶場を作っています。

そして3年後冒険者として今まで不足していた経験を積んだカエハと再会します。ただ再開した直後に同胞のエルフが拉致され囚われているので、助けてほしいというエルフのアイレナからの要請を受けます。

この要請を受けるとルードリア王国にほとぼりが覚めるまで入れなくなるので、実質的な修行はほとんどなくエイサーは王都を旅立ちます。

その後、エイサーの旅が一巡するたびに王都のヨソギ流の道場に帰ってきます。ただそのスパンが数十年規模のため、ヨソギ流の没落から復興、そしてカエハの死、その子供や孫の話と時間の流れを感じさせる形になっています。

転生してハイエルフになりましたが、スローライフは120年で飽きました -Highelf with a long life- 1

転生してハイエルフになりましたが、スローライフは120年で飽きました -Highelf with a long life- 1

転生してハイエルフになりましたがを無料でコミックを読むには?

転生してハイエルフになりましたが、スローライフは120年で飽きましたはアース・スターコミックスから出版されています。ちなみにコミックスでは副題がついていて、転生してハイエルフになりましたが、スローライフは120年で飽きました -Highelf with a long life-というタイトルになります。

そのため転生してハイエルフになりましたが、スローライフは120年で飽きましたの漫画を無料で読もうとした場合はコミックアース・スターという公式サイトで最初と最新話数話分を無料で読むことができます。

転生してハイエルフになりましたが、スローライフは120年で飽きましたはコミックはまだ1巻しか発売されていないため、話数も7話くらいなのでコミックスを購入した時点であとはすべて無料で読むことも可能です。

ちなみに、転生してハイエルフになりましたが、スローライフは120年で飽きましたを無料で読める場所としては、pixivや、ニコニコ静画などもあります。

ただまだまだコミカライズされたばかりなので、そのうちいろんなサイトやスマホアプリで読めるようにはなると思います。

ちなみにU-NEXTなら転生してハイエルフになりましたが、スローライフは120年で飽きましたの書籍とコミックが毎月の無料ポイント使用で実質無料で読むことは可能です。

U-NEXTはこちら↓


アニメ観るなら<U-NEXT>

アニメ作品がたくさんあるサブスク動画サイトの紹介してます。

こちらをクリック

タイトルとURLをコピーしました