解雇された暗黒兵士は小説家になろうで完結している作品

マンガ

解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフは小説家になろうで2018年11月15日に第一話が投稿され2020年7月30日で物語が完結しています。

解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフは小説家になろうのカテゴリで、追放モノになります。魔王軍から追放された主人公のダリエルが魔王軍から抜けたら魔王軍が弱体化して、どんどんポンコツになっていきます。

反対に魔王軍を抜けた主人公のダリウスは人間だということを知り、人間が覚えるオーラを覚えていきます。そして魔王軍時代は裏方で色んな策謀や作戦を立案していたこともあり、力を頭脳の両方を遺憾なく発揮していきます。

解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフは副題の通りスローなセカンドライフという日常系にはなります。また田舎のラクス村に住んでそこからほとんど動くことなく、まぁ厄災というか魔王軍四天王が訪れたり、勇者が襲来したりするんですが、主人公のダリエルがスローなセカンドライフを守るための防衛戦をしている感じだと思います。

解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフは基本的にコメディ要素が強い作品なので世界観がシリアスだけど、基本的には面白い作品になります。

解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフ (1)

解雇された暗黒兵士のヒロインマリーカの正体とは?

解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフにはヒロイン枠としてマリーカという女性がいます。冒頭で魔物に襲われているのをダリエルが助けたことが縁で、マリーカの住んでいるラクス村を紹介しています。

解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフのマリーカの正体ですが、王都にあるセンターギルドの理事長の孫娘になります。

解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフの設定では主人公のダリエルは最強の勇者の子供で、小さい頃に魔族に攫われたのですが、四天王最強のグランバーサに拾われ育てられ、魔族特有の魔法以外の生きる術や策略などを伝授されます。

そのためダリエルそのものは、勇者のオーラの資質をそのまま受け継いでいる上に、魔族の戦い方なども学んでいるある意味サラブレット的な感じになります。しかも物語中盤から魔族の因子も取り込むので、魔法も扱えるようになります。

そして解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフでのヒロインマリーカなのですが、基本的には人間で理事長の孫ではありますが、とりわけ血筋による才能があるわけではないです。

ただ生来の性格ゆえか勝ち気で、ダリエルが煮え切らないから自分からグイグイ攻めていったり、最初村の近くで魔物に襲われていたのが不思議に思うほど強者対して強気だったりします。

ラクス村は話の展開的に四天王が襲ってきたり、移住してきたりするのですが、なぜか四天王が言葉で言い負かされてマリーカの言う通りにうごかされたりします。

まぁ主人公のダリエルもマリーカに簡単に言いくるめられて動かされているので、ある意味作中では最高の人心掌握術を持っているのかもしれないです。そういった意味では血筋の為せる技なのかもしれないですね。

解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフ【電子書籍】[ 岡沢六十四 ]

解雇された暗黒兵士のドロイエの不遇っぷりについて

解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフは魔族側の四天王として最初火のバシュバーザ、水のベゼリエ、風のゼビアンテス、地のドロイエがいます。

解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフの話の流れからこの四天王は徐々に代替わりしていくのですが、ドロイエに関してはずっと四天王のままになります。そして四天王筆頭になったりします。

ただそれがドロイエにとって良いのかと言えばそんなことはなく、脳筋かお気楽主義の四天王しかいない中ドロイエだけは主人公のダリエルの価値をなんとなく理解していて、その後四天王が崩壊する可能性があることまで理解しています。

解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフにおいてそんなドロイエが、魔王軍が崩壊しないようにダリエルを探しますがなかなか見つけることができなです。

そうこうしている間にも四天王がどんどん代替わりしていき、弱体化していき、魔王軍が崩壊していきます。

解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフの物語中盤でダリエルを見つけて魔王軍への復帰を促すのですが、その時はすでにラクス村の村長になっており、しかも第一子が誕生しているので魔王軍には戻れる状況ではないです。

またドロイエはダリエルが魔族ではなく人間だということも知らなかったようで色々と衝撃を受けます。ドロイエの魔族再建の希望はここに絶たれてしまいます。

解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフの四天王は真面目に責務を果たすのがドロイエしかいないというのもあり、色々な書類仕事などはほとんどドロイエがやっていました。

また最重要拠点の防衛などもドロイエがやっています。そういった過剰な労働でドロイエの精神がかなり消耗していたのもあり、その状況を不憫に思ったダリエルが手助けすることで一応の決着がつきました。

ドロイエがの不憫なところは四天王仲間がポンコツなのと、真面目すぎるがゆえに他人に頼れないところからくる仕事量の多さによってどんどん不憫な方向に行ったところだと思います。これもある意味追放からくるザマァ展開なんだと思います。

解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフ(5)【電子書籍】[ 岡沢六十四 ]

解雇された暗黒兵士は月刊少年シリウスで連載中

解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフは書籍、コミカライズ化ともに講談社になります。書籍は講談社のKラノベブックス、マンガは講談社の月刊少年シリウスから出版されています。

その関係で解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフの漫画はニコニコ静画の水曜日のシリウスで閲覧することが可能になっています。

ただニコニコ静画で水曜日のシリウスでは、最初数話と最新話数話分しか閲覧することができません。なので最初の話を見て自分にとって良いかどうかを判断することになります。

ただ解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフは最初だけみても、コメディテイストが全面にでているので、この話のノリと展開が面白いと思ったなら問題ないと思います。基本的には最初からのノリでどんどん話が進んでいきます。

解雇された暗黒兵士の漫画を無料で読むには?

解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフはニコニコ静画の水曜日のシリウスで読むことが可能ですが、全話を無料で読むことはできないです。

解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフの漫画を無料で読む場合はスマホアプリの無料電子コミックを活用するのが良いと思います。

解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフが読めるスマホアプリはピッコマや、ラインマンガ、ブックライブなどで無料で読むことができます。

ですが、解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフは講談社なので、講談社の無料スマホアプリのマガポケで読むのが一番良いかなと思います。

マガポケなら無料チケットで時間はかかりますが全話読むことができ、物語を楽しむことができます。

ちなみに時間をかけずにすぐ全話読みたい場合はU-NEXTなどのサブスクを活用するのもありだと思います。

U-NEXTなら31日間無料で無料ポイントを使用して書籍とコミックスの解雇された暗黒兵士(30代)のスローなセカンドライフを2つとも閲覧することも可能です。

U-NEXTはこちら↓


アニメ観るなら<U-NEXT>

タイトルとURLをコピーしました