悪役令嬢ブラコンチェンジはなろうでも珍しい悪役令嬢系の作品

マンガ

悪役令嬢、ブラコンにジョブチェンジしますは小説家になろうで2019年2月9日に第一話が投稿され現在も更新が続いている作品になります。

悪役令嬢、ブラコンにジョブチェンジしますは小説家になろうの悪役令嬢系に分類はされるのですが、一般的な悪役令嬢系では珍しいザマァ系の展開ではないです。

悪役令嬢、ブラコンにジョブチェンジしますはどちらかというと、乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまったにちかい全員ハッピーエンドみたいな展開で書かれています。

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまったはと悪役令嬢、ブラコンにジョブチェンジしますの大きな違いは破滅フラグのカタリナの方は、自分以外の全員がカタリナに惹かれて過去のトラウマなどを克服していくのですが、悪役令嬢、ブラコンにジョブチェンジしますは悪役令嬢のエカテリーナとその兄の生い立ちが不幸でそれを兄弟で立ち向かって幸せになるという形になります。

そのため大枠では同じ感じなのですが、内容の詳細な部分はかなり違います。

悪役令嬢、ブラコンにジョブチェンジしますの設定としては公爵家に生まれたけど、王族から降家してきた祖母に母親共々貧乏な暮らしを強いられています。

また兄のアレクセイは父親が領地経営にまったく興味がなく女遊びばかりで幼い頃から領地経営を強いられています。

そんな中この父親と祖母が不慮の事故に遭っていなくなります。そして兄アレクセイが、母親と妹のエカテリーナを本家に戻そうとするのですが、その途上で母親もいなくなります。

なので家族と呼べるのはエカテリーナとアレクセイの2人だけになります。そんな生い立ちから幸せになろうという話です。

これだけ聞くとかなり思い話なのかなと思うのですが、そんなことはなくそもそもエカテリーナは乙女ゲームでこのアレクセイの推しだったこともあり、アレクセイはそもそも乙女ゲームの世界では重度のシスコンだったりします。

また悪役令嬢エカテリーナには乙女ゲームの知識があるので、どうすれば死亡フラグがから逃れられるかを考えて行動します。その行動が徐々に王族の興味関心を引いて、ヒロインに尊敬の眼差しでみられたりします。

また現代知識チートというか歴女のいう設定なので昔の知識を構築して色々と文明開化を起こしていきます。

悪役令嬢、ブラコンにジョブチェンジします【電子特典付き】

悪役令嬢ブラコンにジョブチェンジしますはどこで試し読みできるのか?

悪役令嬢ブラコンにジョブチェンジしますの書籍化は2019年10月29日に第一巻が発売されていますが、コミカライズはまだ連載が始まったばかりになります。

そのため悪役令嬢ブラコンにジョブチェンジしますの試し読みができるのは、コミカライズの出版元のkADOKAWAがやっているコミックウォーカーで試し読みができます。

まだ数話しか公開されていないですが、悪役令嬢ブラコンにジョブチェンジしますの話の触りを読むのにはちょうど良いかなと思います。

悪役令嬢 ブラコンにジョブチェンジしますはKADOKAWAのコミックウォーカー以外では現在試し読みができないです。これはまだコミカライズ化して1巻の発売もされていないためだと思います。

それ以外だと悪役令嬢 ブラコンにジョブチェンジしますの掲載雑誌であるフロースコミックで最新話を確認するくらいになります。

なのでここから色んなスマホアプリの無料読み放題などに徐々に反映されていく可能性もあります。特にピッコマなどは現在悪役令嬢 ブラコンにジョブチェンジしますの小説を掲載しているので、このままコミカライズ化が進めば掲載される可能性は高いです。

悪役令嬢 ブラコンにジョブチェンジしますの漫画はいつ発売するのか?

悪役令嬢 ブラコンにジョブチェンジしますの第一巻の発売日は2021年12月3日になります。

悪役令嬢 ブラコンにジョブチェンジしますの漫画の連載開始が2021年5月21日なので、7ヶ月で第一巻は発売した計算になります。まだわからないですが、このことから一年に1冊くらいのペースで悪役令嬢 ブラコンにジョブチェンジしますのコミック化が進む可能性があります。

ただKADOKAWAの漫画に限らずなろう系のコミカライズ化は発行部数や無料漫画での閲覧数が伸びないとすぐ打ち切りになったりするので注意が必要ではあります。

兎にも角にも悪役令嬢 ブラコンにジョブチェンジしますの第一巻が12月3日に発売されたときの累計発行部数でその後の続投がきまる可能性もたかいかなと思います。

悪役令嬢、ブラコンにジョブチェンジします 4【電子特典付き】

悪役令嬢、ブラコンにジョブチェンジしますの電子書籍はなぜ数日遅れなのか?

悪役令嬢、ブラコンにジョブチェンジしますの電子書籍は紙媒体と同じ発売日にダウンロードできるのですが、一部の電子書籍を販売している媒体では数日遅れて発売していたりします。

これは少しでも早く読みたい人は紙媒体で、少々待っても電子書籍で読みたい人は電子書籍でという割り振りになっています。

ただ通常紙媒体と電子書籍でこういった戦略をする場合、一ヶ月くらい発売日が違うのですが、悪役令嬢、ブラコンにジョブチェンジしますは数日のズレになっています。

このあたりのズレの原因はよくわからないですが、KADOKAWAの戦略がなにかあるのかもしれません。

どちらにしても電子書籍は電子書籍購入の特典付きで紙媒体は各店舗の購入特典付きなのでこう保存用と布教用と見るように分けれるようにしている可能性もあります。

タイトルとURLをコピーしました