ティアムーン帝国物語はWikipediaで記載があるほどの人気がある

マンガ

ティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~は小説家になろうで2018年8月13日に第一話が投稿され現在660話を超える話数が投稿されています。

またティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~は現在も定期的に更新が続いている作品でもあります。ちなみに作者の望月望先生によると当初の予定だった部分までは書き終わっており一応の完結している作品でもあります。

小説家になろうでいうと2021年5月28日に投稿されている幸せな夢の続きというタイトルが当初考えていたエンディングだそうです

通常小説家になろうでもWikipediaに記載がある作品というのはそこ前多くないです。アニメ化などをされていたり、有名な作者さんだったりとか色んな要素が絡んでくるためです。

ティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~はすでにWikipediaでの書き込みがあることからかなりの人気作であることは間違いないのです。

またティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~はコミカライズの他に舞台化もされておりしかも好評だったため舞台の第二弾が上演されています。

アニメ化がまだなのに舞台化が決まってしかも好評を博しているというのは、ある意味話の骨組みがしっかりしている上質なライトノベルであることが伺えます。

ティアムーン帝国物語〜断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー〜@COMIC 3

ティアムーン帝国物語の小説版と書籍版の違い

またティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~の書籍の第一巻は2019年6月8日に発売しています。小説家になろうでのまたティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~の第一話の投稿が2018年8月13日というところから考えると一年待たずでの書籍化になります。

最近では小説家になろうに投稿して半年くらいで書籍化とコミカライズ化というのも珍しくはないのですが、2019年頃で一年待たずに書籍化はかなり早いペースでの刊行になります。

またティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~の書籍版と小説家になろう版の違いですが、基本的なストーリーの改変などはないです。

書籍版は小説家になろうで掲載されている話に加筆修正しているというよりも、描き下ろし小説を加えている形になります。そのためあらすじや物語の基本的な内容は小説家になろうで無料で読むことでほぼ網羅できます。

書籍での描き下ろし部分は現在の時間軸とは違う時間軸の話がメインになっており、主人公のミーアがギロチンにかけられた世界の登場人物のその後の物語とか、現在の時間軸と毒殺等でミーアがいない世界の対比などがかかれています。

そういったこともあり、より深くまたティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~の物語を読みたい人は書籍を購入して楽しむのが良いかなと思います。

また加筆修正ではなく描き下ろしのため、漫画版で描き下ろし部分が描写されるかどうかは、微妙なところも書籍を購入しても損はないかなと思います。

ティアムーン帝国物語 ~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~ [ 餅月望 ]

ティアムーン帝国物語の漫画が人気連載している理由を考察

またティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~の漫画版は2020年1月18日から発売しています。またティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~の書籍化が2019年6月18日だったことから、おそらく水面下では書籍化とコミカライズ化は同時進行だったのかなと思います。

またティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~は漫画版の連載がかなり人気になっています。ティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~は基本的に時間繰り返しモノや、勘違いモノ、悪役令嬢モノなどに分類されるかなと思うのですが、基本はギャグ漫画に近いです。

そのため漫画家さんの画力がかなり問われるのですが、またティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~のルーナ姫殿下のギャグ顔と真顔のかき分けがかなり秀逸です。

またティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~のミーア殿下のすまし顔と心の中のゲス顔のギャップが程よい感じになっていますし、ギャグ顔でも澄まし顔でも可愛らしく描かれています。

そうったことがまたティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~の漫画が人気連載している理由なのかなと考察します。

ティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~@COMIC1 (コロナ・コミックス) [ 杜乃ミズ ]

ティアムーン帝国物語は舞台の第二弾が決定したほどの人気

またティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~は舞台化していて、第一弾は新宿村LIVEでティアムーン帝国物語THESTAGEとして上演され、第二弾も2021年7月14日にティアムーン帝国THESTAGE2として上演されています。

またティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~の舞台での演者さんはミーア姫殿下が平松可奈子さんがやっておりなんというか漫画版の絵柄そっくりだったのがすごい再現度だなと思いました。

舞台なので多分にオリジナル要素は含んでいたりするのですが、あらすじとしてはまたティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~の舞台の第一弾は書籍でいうところの2巻までの内容かなと思います。ちょうどキリが良いところで書籍でも第一部完になります。

またティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~の舞台の第二弾はミーア姫殿下のまごのミーアベルの登場からになっています。どこまでやったのかはわからないですが、第二部完結は結構長く書籍でもまだ完結していないです。

予想ではありますが、書籍化でいうと4巻くらいまでの内容かなと思います。なんとなく農業国にいってそこで踊って大団円くらいがちょうどよいかなと思います。

その先にいくとティアムーン帝国の成り立ちの話とかが絡んでくるので、舞台化的にはちょうどよい収まりかなと思っています。

ちなみにこのまたティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~の舞台はDVD化もされています。気になる人は調べてみても良いかなと思います。

ティアムーン帝国物語 THE STAGE 〜断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー〜[DVD] / 舞台

ティアムーン帝国のネタバレとその感想

ティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~は俗に言う死に戻り系の作品に分類されます。

ティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~のネタバレと感想を書いていくと、革命によってギロチンにかけられた主人公の姫殿下ミーア・ルーナ・ティアムーンがギロチンにかけられた瞬間に、12歳の頃に記憶を持ったまま死に戻りをしてしまいます。

またティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~の冒頭で20歳で帝国を傾けてギロチンで死んだことから7年前に死に戻りしたことになります。

そして死に戻りしたミーア姫殿下はギロチンの未来を回避しようと色々と試行錯誤する話になります。またティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~が人気の理由はこの死に戻りしたミーア姫殿下が基本的には死ぬ前のひもじい経験と本来王族が持っている傲慢さをうまい具合にブレンドしているところかなと思います。

また王族の傲慢さがありながら、転生前の経験を生かして立ち回るので、周囲が勘違いしていきます。そうして徐々に未来が変わっていきます。

書籍化では2巻、小説家になろうでは42話になる第一部エピローグではギロチンの未来を回避して、恋仲のアベルと8人の子供をもうけて生涯を終えることになります。

まぁそんな未来があったのですが、この皇女ミーア伝を読んだミーア姫殿下が、まだ良い未来があるのではと思ったらその記述が消えて第二部に突入という形になります。

なので第一部ではギロチンの未来からの回避、第二部では帝国の発展の修正と言ったところかなと思います。

第二部ではミーア姫殿下の孫のミーアベルが登場してミーア姫殿下が暗殺された世界線からやってきます。

そうして帝国が衰退する未来を変えるべく、第二部ではミーアとミーアベルが頑張っていくストーリーになっています。まぁミーアベルはた重要人物のイエロームーン公爵令嬢と友達になるくらいなんですけどね。

そうして帝国が衰退する未来を変えるべく、第二部ではミーアとミーアベルが頑張っていくストーリーになっています。まぁミーアベルはた重要人物のイエロームーン公爵令嬢と友達になるくらいなんですけどね。

なので主人公が交代かなと思いきやミーア視点で第二部も続いていきます。そして最終的に当初の作者さんの予定だったエピローグになります。

ティアムーン帝国物語8〜断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー〜【電子書籍限定書き下ろしSS付き】【電子書籍】[ 餅月望 ]

ティアムーン帝国のアニメ化はいつ頃になるのか?

またティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~のアニメ化はいつ頃になるのか考察していきます。

またティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~の出版元はTOブックスです。TOブックスの主なアニメ化作品といえば魔術士オーフェンや最近では本好きの下剋上などがあります。

そう考えるとまたティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~は現在35万部を超えたくらいの作品なのでアニメ化の可能性は低いのかなと思います。

これがKADOKAWAなどの出版社から発売していれば、とりあえずアニメ化しようかみたいな風潮もあるのでアニメ化の可能性は非常に高かったかなとも思います。

そういった意味ではせめて50万部を超えるくらいのヒットがないと難しいかなと思います。もしかしたらまたティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~の舞台化というのはアニメ化の予算は割けないけど、人気作なのでどうにかしようとした結果なのかもしれないです。

そんな感じなのでもしまたティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~がアニメ化するとしても数年は音沙汰なしな状況が続く可能性が高いです。

アニメ作品がたくさんあるサブスク動画サイトの紹介してます。

こちらをクリック

タイトルとURLをコピーしました